7月5日に以下の記事を読みました。

相続手続きを簡素化する「法定相続情報証明制度」(仮称)を来年度に新設すると発表した。現在は、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本など大量の書類一式を集め、登記所や各金融機関の窓口にそれぞれ提出する必要があり、相続人の負担となっている。新制度では、最初に書類一式を登記所に提出すれば、その後は登記所が発行する1通の証明書の提出で済むようになる。(JIJI.COMからの抜粋引用)

個人的には、実質、あまり意味がないように思います。
というのは、手続きをする側にとって、事実、戸籍集めは大変ですが、集まった戸籍を「一式」と考えれば、その「一式」を必要な窓口へ提出するだけの事だからです。

ここで一番「助かる」のは、金融機関の窓口ではないでしょうか。
実務での事ですが、「一式」の戸籍は、相続手続きのために、金融機関でチェックし、さらに、コピーを取ります。金融機関で「待たされる」のは、このチェックとコピーの時間です。しかも、人の仕事ですから、見落としも過去、経験した事がありますし、乱暴に扱われ戸籍が破損した事もあります。
そういった事を全てクリアできるのが、今回の戸籍類を1つの証明書へ纏めるもので、言い換えると、金融機関にとっては、「大きなメリット」であり、さらに、この証明書を発行するに当たっての「役所の仕事が増える」という流れになるものだと思います。

つまり、一生に何度もないような手続きの中で、「戸籍をまとめる」という作業が1つ追加になった・・・そんな感じではないでしょうか。