ブログを作るくらいだから、HPで相続手続きやりますよ・・・って宣伝というか、手を上げるわけですが、何年も前から、相続を生業とする事務所がどんどん増えてきたように思います。

弁護士、司法書士、行政書士、税理士、FP、不動産屋、金融機関(銀行、信金など)の営業をよく見かけるようになりました。現在は、銀行がテレビでも宣伝するようになったので、これからは、大手の仕事にとって代わって、私のような小さな事務所は怪しくなってきます。

ところで、どうしてこんな乱立するかと言えば、たとえば相続登記や解約は結果は同じです。ただし、費用は、事務所によって、数百万円の差があります。こんな業界・・・びっくりしますが、それが現実です。

費用の差が出るのは、財産の金額の割合で報酬を出すか、定額かの違いです。いつも思うのは、裁判のように能力で差が出るような場合、代理人となって、仕事をする場合・・は、ある程度の報酬は発生するでしょうが、単なる手続きで、費用が変わるのは、この業界に来て理解できませんでした。

ところが、これが普通で、気づかないけれど、例えば不動産の仲介手数料は不動産価格の3%+6万円+消費税です。3000万円の不動産なら・・・計算してください。

やっぱり大きな金額です。だから、コンビニよりも数が多いとまで言われる業界でもあります。

悪いとか良いとか分かりませんが、私の事務所では、あまり大きなお金は心臓に悪いので全て定額制で行っています。気持ち的にはいいので、それはそれでいいのですが、こういった財産のよって変わる報酬制度は、これからも続くのでしょうか・・・と疑問です。そんな訳で、事務所は全て定額制です・・・相続登記パック4万5千円・・・つい宣伝となってしまいましたがお許しください。なにせ独り言ですから。実は、こんな安くで大丈夫・・・って言われた時は、私自身、ちょとびっくりで、定額でももっと少し・・・なんて思ってしまいましたが・・・